借金の問題はプロの弁護士が解決【債務整理は個人で行う事も可能】

払い過ぎた利息を取り戻す

説明

過払い金の請求手続き

債務整理といえば、任意整理、個人再生、自己破産があるのですが過払い金請求も債務整理の一種です。他と違うのは、完済をしてから行う点です。過払い金請求とは、払い過ぎた利息を取り戻す債務整理です。なぜ利息を払い過ぎてしまうことが起きてしまうのかというと、かつての消費者金融等の貸金業者は利息制限法で定められて上限金利(限度額に応じて15%〜20%)を無視して、上限をはるかにオーバーして金利で融資を行っていたのです。違法なことではあるのですが、それを罰する規定もないため出資法で定められた29.2%を基準として融資を行っていたのです。それが、最高裁の判決で利息制限法を超える金利は違法であることが認められたことから、現在では出資法の上限金利も利息制限法に合わせられています。2010年の貸金業法改正から変更となったのですが、それ以前から消費者金融と取引のある方は過払い金が発生している可能性が高いのです。請求すれば取り戻すことができるのですが、電話して返してくださいといったところですぐに返してもらえるものではなく、書面にていくら過払い金が発生しているかその法的根拠等を示さなければならず、例え主張を突きつけたとしても個人相手だと本来の請求額より少なく和解となるケースもあります。そこは、債務整理に強い弁護士にお任せすることです。数多くの過払い金事例に対応してきたことからノウハウと経験が蓄積されていますので、弁護士に依頼するのが最適です。

Copyright© 2018 借金の問題はプロの弁護士が解決【債務整理は個人で行う事も可能】 All Rights Reserved.