借金の問題はプロの弁護士が解決【債務整理は個人で行う事も可能】

法律のプロの依頼

スーツの男性

時効があるので早めに

債務整理のひとつである過払い金請求、どういった方ができるのかというと利息制限法で定められた上限金利を超えて契約したいた方です。利息制限法では、限度額に応じて上限金利が決まっています。100万円以上の限度額が15%以下、10万円以上100万円未満が18%、10万円以下の限度額が20%を上限としています。例えば、50万円の限度額なら18%以下の金利で契約しなければならないのですが、28%といった金利で契約をしていた場合、利息制限法で定められた上限金利を超えています。この違法な金利で発生した利息を支払っていた場合、本来支払う必要のない利息ですので、請求をすれば取り戻すことができるのです。請求手続きとしては、借りていた貸金業者に問い合わせて取引履歴を取り寄せます。利息制限法以下の金利に引き直し再計算をして、過払い金の金額を求めるのですが、個人で貸金業者に対して請求をしたところで応じてくれなかったり、何かと理由を付けて請求金額の半分しか返してくれないということもあります。個人だと限界がありますので、弁護士に依頼することです。弁護士は債務整理に強い弁護士を選ぶことです。債務整理に強い法律事務所に依頼をすれば、完済をしていれば着手金・相談料は無料で行ってくれます。成功報酬はかかりますが、取り戻した過払い金から清算するので実質無料で手続きできます。債務整理に強い法律事務所を探すことですが、完済してから10年の時効がありますので早めに手続きをすることです。

Copyright© 2018 借金の問題はプロの弁護士が解決【債務整理は個人で行う事も可能】 All Rights Reserved.