借金の問題はプロの弁護士が解決【債務整理は個人で行う事も可能】

借金地獄から逃れる

弁護士バッジ

借金減額・免除の手続き

借金問題を法的に解決することを債務整理といいます。債務整理には主に、4つの種類があります。それは、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産です。他にも過払い金返還請求があるのですが、これは借金を完済してから行う手続きですので、現在債務を抱えている方が行う手続きは先に挙げた4つです。任意整理とは、借金の減額や将来の利息を免除してもらうことを裁判所を介せずに債権者と交渉をする手続きです。弁護士に依頼するのが一般的です。裁判所を介さない手続きなので、家族や会社に内緒で手続きをすることができます。どのくらい減額できるかですが、30%〜40%が相場とされています。ただし、過払い金が発生している場合です。過払い金が発生していなくても将来発生する金利はカットできるので元金のみの支払いにすることができます。特定調停は、任意整理と仕組みは同じなのですが裁判所が債権者との間に入ってくれて行う手続きです。弁護士に依頼せずに個人が裁判所に通って行いますので弁護士費用がかからない分、安価な費用で手続きができます。ただし、過払い金が発生していてもそれを取り戻すには別の手続きになりますので、新たに弁護士を依頼しなければならないケースもあります。個人再生は、債務が最大で5分の1〜10分の1まで減らせる手続きです。減額効果は高いのですが、自己保有の財産を一部処分する必要があります。自己破産は、借金の返済を法的に免除できる手続きです。破産するのに条件はありますが、住宅や高価なものは処分する必要があります。

Copyright© 2018 借金の問題はプロの弁護士が解決【債務整理は個人で行う事も可能】 All Rights Reserved.