借金の問題はプロの弁護士が解決【債務整理は個人で行う事も可能】

弁護士に手続き依頼

ジャッジガベル

借金に与える効果

消費者金融等の貸金業者から借金をしており、返済が困難になった場合、周りに相談をする人がいない、家族や会社に相談をしたら何て言われるか分からない、そういった方の相談先として法律事務所があります。法律事務所には守秘義務があります。プライバシーには十分配慮して手続きをしていくことができます。弁護士に借金問題の相談を申込みをして、法的に解決することを債務整理といいます。債務整理には、主に3つの手続きがあり任意整理、個人再生、自己破産があります。家族には内緒にしておきたい債務整理ですが、この手続きの中で任意整理は裁判所を介せず直接債権者と交渉することができるので内緒にできますが、個人再生と自己破産は裁判所から自宅に通知は届きますし、何よりも自己保有の財産を処分しなければならない手続きになります。そのため内緒で手続きをするというのが難しいです。次に、借金に与える効果です。任意整理は、最大で過払い金の発生している額の分だけ減額と任意整理後の利息が免除されます。個人再生は、最大で10分の1まで減額することができその減額された借金を払えば残りは免除される手続きです。自己破産は、借金が全額免除になる手続きですがこの債務整理するには条件があり、裁判所に支払不能であると認めてもらうことが必要になります。いずれの手続きもメリットとデメリットがあります。どの手続きが適しているかは抱えている借金の総額や収入、財産の状況によって異なりますので、弁護士と相談して方針を決めていきます。

Copyright© 2018 借金の問題はプロの弁護士が解決【債務整理は個人で行う事も可能】 All Rights Reserved.