借金の問題はプロの弁護士が解決【債務整理は個人で行う事も可能】

弁護士バッジ

借金地獄から逃れる

債務整理には、任意整理、個人再生、特定調停、自己破産といった手続きがあります。借金が減額、利息の免除、借金を一切免除になるなど、どの手段で債務整理の手続きをするかによって効果も異なりますがデメリットもあります。

説明

払い過ぎた利息を取り戻す

債務整理の手続きのひとつに過払い金請求があります。払い過ぎた利息を取り返す手続きですが、個人でも行うことができますが、手続きが面倒で直接債権者と交渉が必要になります。弁護士に依頼することですべて代行してもらうことができます。

お金

敷居の低い借金問題の解決

弁護士のサポートを受けたいのが、借金問題を解決する債務整理です。何から何まで弁護士に一任でき、負担なく借金の悩みのない日々を手にできます。また、報酬の支払い相談ができるため、手元にお金がない方も弁護士に相談可能です。

ジャッジガベル

弁護士に手続き依頼

債務整理それぞれで借金に与える効果は異なります。任意整理は、過払い金の分だけ最大で減額できます。個人再生は、最大10分の1まで減額することができそれを支払えば残りは免除、自己破産は借金が全額免除になります。

スーツの男性

法律のプロの依頼

利息制限法を超える金利でキャッシング、カードローンを利用していた方は過払い金が発生している可能性があります。取り戻すには、個人でも行えますが手続きや交渉をスムーズに進めるためには債務整理に強い法律事務所に依頼することです。

借金が膨れた場合

弁護士

士業に依頼をする

借金が膨れて返済が厳しくなってきた場合には士業である弁護士や司法書士に相談する事が必要です。弁護士や司法書士は借金問題を専門として扱っているケースも多く、様々な解決策を提示してくれます。その解決策の1つが債務の整理です。債務整理の方法としては大きく3つに分かれます。1つは自己破産です。これは裁判所に破産の申し立てを行い、免責を受ける事で借金がなくなるというものですが、借金以外にも資産もなくなる上に一定期間は特定の職業に就くことが出来ない等の制限があります。また収入や借金の状況によっては認められない場合もあります。2つ目は個人再生です。これは同じく裁判所に申し立てをするものですが、借金のすべてでなく一部を3年間で支払うものです。残りの借金は減免される上、住宅ローンや自動車等を自己破産とは違い手放す必要はありません。3つ目は最も多く選ばれている方法で、任意整理と呼ばれるものです。債務整理の多くはこの任意整理を指す事が多いですが、借入している業者と個別に交渉を行い、借金の額や返済額を見直す方法です。過払い金と同時に行う場合もあり、債務の額は減免される上、返済期間も最長5年程度と長くなります。なによりも利息の返済がなくなる事で返済の負担は軽くなるのが一般的です。この債務整理は個人で行う事も出来ますが、業者との交渉は専門家である弁護士や司法書士に任せるのが一般的です。このように債務整理には大きく3つの方法があります。

Copyright© 2018 借金の問題はプロの弁護士が解決【債務整理は個人で行う事も可能】 All Rights Reserved.